小説・集団ストーカー「D氏への手紙」(新設)

この日本で行われている信じがたい犯罪・・・その実態を書き続けます。(最新の記事はこちらを御訪問ください。)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(103)  食品への異物混入、そして引越しのこと

D様

透明な薄灰色の空が広がり・・・
凍えた雲から、無数の雪粒が降りて来ます。

アスファルトの道路に降りた雪は瞬時に消え、
沿道の枯草に身を寄せ合った雪が、その白さを広げています。

この地を、白く染めようする空の企みは・・・
今年も成功することでしょう。


さてD様
前回、予告した内容を書かせて頂きます。

2年前の初夏のことです。
私は朝食の準備をしていました。

その時、作ろうとしていたのは玉子焼き ー。
ガス台の上のフライパンが熱くなっていました。溶き卵はすでに準備してあります。私は、フライパンにサラダ油を垂らし、油を均等にするためにフライパンを軽く回しました。その時 ―。

「エッ・・・何これ・・?」

キッチンには南側の窓から、朝陽が差していました。その光にフライパンに垂らした油が反射したのです。その油が七色と言うのでしょうか・・・地面に機械油が浮いている時などに見られるギラギラとした色彩なのでした。菜種が原料の食用油の状態ではありません。

私は油の状態をよく見ようと、フライパンを朝日にかざしました。
すると角度により、ギラギラした色彩が鮮明に見えたのでした・・・。

サラダ油は1週間ほど前に買ったものでした。それを、流し台の下の収納スペースに入れ、翌日に封を切ったのです。その僅かの間に油がこんな変化を起こすことはあり得ません。

私は、サラダ油のボトルを陽光にかざしてみましたが、薄黄色の油に変わったところはありません。私は、フライパンを洗い、再度熱して油を垂らしてみました。陽に反射するギラギラをした色彩・・・同じでした・・。

人為的に、中身の入れ替え、あるいは、異物混入がなされい限り起こり得ない変化 ―。侵入者の仕業であることは確かでした・・・。

私はその数日前から、この油に香ばしさがないことを感じていました。
熱した時に、食欲がそそられる香りが出ないのです。私はそれを自分の体調のせいだと思っていました。食する時も、特に不味いとは感じず、夫も何も言いませんでした。

私たちはこの油を1週間近く食べたことになります・・・。
一時、中国の「下水油」が話題となりましたが、あの油もほとんど気付かないということです・・・。


D様
この組織犯罪の悪辣さがお分かり頂けましたでしょうか? 
これは、この犯罪のほんの一端に過ぎません。

被害者宅には、日常茶飯事に不法侵入が行われます。被害者の留守中や就寝中に入り込み、様々な工作が行われます。食品に異物を混入させるくらいは、ごく簡単です。実際、多くの被害者が食品の異常現象を訴えています。味・匂い・色・状態、そして、食した後の嘔吐感、発汗、胸やけ・・。私自身、それらをすべて経験しています。


食品について、もう一例を書かせて頂きます。
昨年の冬 ― 夕食時のことです。

献立は寄せ鍋でした・・・。
食事も終わりに近づき、鍋の中は残り少なくなっていました。
私は、最後にお餅を入れようと思い立ました。切り餅が、冷蔵庫に入っていたのです。7~8枚入りのパックで、4~5日前の昼食時に封を開けたものでした。2枚を使い、残りをラップに包んで冷蔵庫に保管したのでした。

私はキッチンに行き、冷蔵庫を開けました。そして、その餅を取り出し・・・思わず、目を疑いました。白い餅が、緑色に変化していたのです。全体に抹茶をまぶしたように粉がふいています。カビでした・・・。

D様
季節は冬です。そして、真空パックの封を切ったのは4~5日前 ― 。すぐラップに包み冷蔵庫に保管したのです。それが、白いところが見えないほどのカビが生えるとは・・・。

時間的にも、状態的にもあり得ない現象でした。餅の場合、まずポツポツと青カビが生えて来ます。その後、そこに赤や黄色のカビが混じってくるのです。温かい部屋に飾って置いた鏡餅などはこの付き方をします。 緑の粉が一面にふいている餅など、私は見たことがありません。

この組織犯罪においては、食品に、カビ菌や腐敗菌などを吹き付ける手口があるようで、様々な生鮮食品が不自然な腐敗をみせます。たとえば、野菜を冷蔵庫の野菜室に保管したとしても、短期間にドロドロ状態となっています。キャベツ、白菜、キュウリ、ホウレン草、大根・・・ほぼ、すべての野菜がその状態となります。

冷蔵庫に入れず常温保存して置いたジャガイモやサツマイモ、カボチャ・・なども、いつの間にか、中がブヨブヨと腐っています。1週間も経たないうちにです。それらの野菜は、日が経つと水分が抜けてシワシワになってしまうものですが、短期間で腐敗してしまうのです。

また、残り御飯なども同様です。ラップに包み、冷凍庫に保管して置いても、電子レンジで解凍した時に、中央部分が糊状に溶けています。強烈な腐敗臭が立ち・・。

炊き上がって間もない御飯を冷まし、ラップに包むのです。素手は使いません。そして、すぐ冷凍庫へ保管 ー 。それが腐敗することなどあり得ません。また、残り物のおかずも同様で、翌日食べようとしても、表面が糸を引くような状態となっています。

D様
私は特に冷蔵庫内を不潔にしているわけではありません。マメに整理し、清掃を心がけています。冷蔵庫内を徹底的に除菌したこともあります。しかし、その現象は起き続けているのです。

さて ー、
冒頭のサラダオイルですが。
私は、その油をとりあえずキッチンの収納庫に入れました、スーパーのレジ袋に入れ、上部をしっかりと結んでおきました。消費生活センターかメーカーに連絡してみよう ー と思ったのです。しかし、2日後に見ると・・・置いたはずのところに油はなく、収納庫全体をくまなく探しても見つかりませんでした。油は消えていました・・・。被害者には、驚くほどのことではないのですが。

食品の異常については、まだ書き足りていませんが、筆を改めたいと思います。


さて、D様
私は、ここY市で4度目の冬を迎えました。
震災の翌日に、すぐ戻れると思いながら家を出、約3年9ケ月が経ちました。今ようやく、原発の町での日々を俯瞰できる位置にたどり着いたように思います。

あの原発の町には、息苦しいほどに監視のネットワークが機能していました。それは、まるで蜘蛛の巣のように人の行動に絡みついて来るのでした。町に流れていた閉塞的な空気は、思い出すだけで暗うつな気分になります。

挨拶をしても無表情に見返す隣人・・・家の前を通るたびに唾を吐く老人・・・注文をしても返事もしない食堂のおやじ・・・陰気な顔で歩いているコンビニ店員・・。私はあの町で、屈託のない笑顔に出会ったことがありません。密やかな、そして徹底した監視体制は、町全体を暗い影で覆っていたのでした。

しかし、その影はすでに、この国全体を覆っています。この小さな城下町Y市も例外ではありません。この町の監視システムもまた、常にターゲットを必要とし、被害者を生み出しています。被害者が何を言おうとも「精神異常者」というレッテルで封じます。被害者は絶望の淵でもがき・・苦しんでいます。この組織犯罪がいかに悪辣なものであることか・・・。

D様
私と夫は、まもなくY市を離れます。
福島県に戻ることになりました。

夫は高齢であり、また心臓手術から間もない身ですので、健康面での注意が必要です。雪で覆われるY市の冬は、今の夫に適した環境とは言えません。雪のないところで生まれ育った夫は、ことさら辛く感じるようです。

幸い福島県中央部のKY市に住居を確保することが出来ました。1週間後には、引越す予定です。どこに移動しようとも、この組織犯罪の加害は引き継がれていきます。新たな住居やその周辺にはすでにその工作がなされていることでしょう。今後は、KY市で起きることを書き綴ることになります。

ただ少しの間、手紙を出すことが不規則になると思います。どうかご承知下さいますよう。

今年ももう師走となりました。
選挙も重なり、例年以上の慌ただしい12月になることでしょう。
どうかご自愛くださいますよう。

                    2014.12.2    万留子






人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

-4 Comments

秘密神社 says..."電磁波被害"
電磁波被害に、もし遭われているならば、私のブログの、コメント欄をご覧ください。

 アルミによる防御法が、はじめちゃん5053 さんとの、コメントのやりとりの中に表現されております。
2014.12.16 20:24 | URL | #- [edit]
ラスボス says...""
まるこさん、やはりメール何も届いておりません。単純な操作ミスならよいのですが、私の場合、単なる雑談のツイートに切り替えたにも関わらず、酷い通信妨害が続いている状況なので、その可能性もあると思いご連絡しました。引っ越し大変でしょうが頑張ってくださいね。ではまた。(*^-^*)
2014.12.07 10:19 | URL | #r4dzkBlQ [edit]
ミセス・まるこ says..."ラスボスさんへ"
食品については、常に注意を払っているのですが、思いがけない隙を突かれている状態です。買いだめは極力しないようにしていますが、調味料類は1回ごとの使い捨てと言う訳にもいきませんよね。結果、こういう被害を受けることになります。チューブ入りのわさびなどは、ほぼ使い捨てです。次に使う時は異様な味に変わっています。マヨネーズは、使うことがなくなりました。

保管しておいたはずの食品がなくなっていることも度々あります。今回の油が消えていたことは、被害者であればその理由がすぐわかりますよね。大胆に行われているこの犯罪は、加害者が「自分たちは捕まらない」という確信あるからです。しかし、この犯罪への認知はジワジワと広がっています。私は、これからも書き続けていきますので、時々、応援の言葉が頂ければ嬉しく思います。

ツィッターでうが、不慣れなこともあり、手間取ってしまいましhた。
確認したところ、届いてます。これから、ご返信いたします。
では。

2014.12.04 13:49 | URL | #- [edit]
ラスボス says...""
その油、連中が証拠隠滅したのでしょうね。ところでツイッターでメールを何度か送りましたが届いておりますでしょうか。ご主人の回復と引っ越しが無事に運びますように!
2014.12.02 15:18 | URL | #iHPsgZVo [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marukorin08.blog137.fc2.com/tb.php/41-c801e8ff
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。