小説・集団ストーカー「D氏への手紙」(新設)

この日本で行われている信じがたい犯罪・・・その実態を書き続けます。(最新の記事はこちらを御訪問ください。)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(90) 原発事故の避難所で

D 様


稲穂が、黄色味を帯びて来ました。
その上を湿った風が流れ、微かに揺らいでいます。

蝉の声は真夏と変わらずも、
秋が静かに歩を進めているのです。

涼しさを望んだ日々が、少しづつ遠のいていきます。
寒さを嘆く日々は、もう駆け足なのでしょうか・・・ 。



さて、D様 ー 。
前回の続きを書こうと思います。

私と夫は、KW村の「IWの里」に避難しました。
KW村に入ってすぐ、この施設に誘導されたのです。
(KW村のあらゆる公共施設が、近隣からの避難者に開放されたのでした。)


私が避難所に入って間もなく感じたのは、そこに漂う陰うつな空気でした・・・。

不安げに言葉を交す老人たち、膝を抱えて黙り込む若者、赤ん坊を抱いた女性、毛布をかぶって寝ている人 、虚ろな目で周りを見渡している中年夫婦、嬌声を上げて走り回る子供たち ー 。

日常を断ち切られ・・・普段なら、一堂に会すことなどない人々が、
重苦しい空気の中で寄り集っていたのです。

そして、D様 ー 。
私は、避難者に混じる異質な者の存在に気付きました。
避難者と同様に防寒衣をまとい、荷物を持ち、敷き毛布に座り・・・しかし、隠し様もなく、全身から放たれる陰湿な匂い ー 。その目には、不安も焦燥も怒りもなく、ただ冷徹に避難者たちを監視していました。

公安Kです・・・。

避難所という囲いの中に入れられた住民たちは、情報を遮断され、余計なことを言わぬよう、勝手なことをせぬよう、パニックを起こさぬように・・・と監視されていたのです。
(この「監視担当」は、組織犯罪に関わる者たちとは、別の部署なのだと思います。)

「原発の事故は有り得ない」としていた町の行政は、避難誘導も食糧備蓄もおざなりでしたが、
住民を「管理」することには機敏だったのです。

しかし、その一方で ー 、
町の行政は、その無能ぶりをいかんなく発揮しました。
その一例を、以下に書こうと思います。

まず、この避難所には責任者という立場の人はいませんでした。
消防団員たちの姿は目に付きましたが、彼らはとくに避難者の世話をすることはなく、当然、何の指示もしませんでした。何かを質問しようにも、彼らは何も知らなかったし、答えようともしなかったのです。
原発事故という未曾有の事態においての消防団の役割は、「常駐」以外にはなかったのかも知れません。

避難者たちが、それぞれに抱えた不安や怒りや疑問をぶつけようにも、その相手は避難所にはいませんでした。

しかし・・、
D様、行政は敢えて責任者を置かなかったのかも知れません。
一人が言えば口々に ー ということにもなりかねないのですから・・・。
だとすれば、「無能」と「狡猾」が交じり合い、唾棄すべき体質だと言えます。


さて ー 、
私たちが避難所に入った翌日から、おにぎりの他に、簡単な汁物が出されるようになりました。
ボランティアの方たちと、避難者中から有志の女性たちが、付設の調理室で作ることにしたのです。
私も参加しました。

調理室に入ったのは、10人ほどでした。
ボランティアが2人、避難者の中から6,7人・・そして、役場から来たという女性。
避難所で、私が役場の職員だという人に会ったのは、このKMさんだけでした。

このKM女史が、調理室内て采配を振るったのです
(歳は40代半ばくらいでしょうか。)

有能なリーダーのもとでは、仕事が効率的に、そして和やかに進んでいくものです。
しかし、このKMさんには、リーダーシップをとる素質がありませんでした。

ある時 ー。
避難所に、菓子パンの差し入れがありました。
調理室に運ばれてきたそのパンを数えると、大小合わせて150個ほどでした。
避難者すべてに行き渡る数ではありません。

(体育館と集会所にいた避難者は250名位でした。レストランとかコテージにも避難者はいましたが、
その方たちは別なグループとなっていました。)

パンをどのように配分するか・・・私たち避難者とボランティアが4,5人集まり、知恵を出し合いました。
全員に配るには、100個ほど足りません。

「パンの大きさが様々だから、大きいものは2個として数えましょうか。そして、家族ごとに配分したらどうかな?」と、私は提案しました。

250人と言っても、家族というグループに分ければ、その数字は小さくなります。
家族員は、2人から6人ほどと様々ですが、人数に合わせて配分すればいいのです。
家族であれば、半分づつに食べることも出来ます。

それがいい・・・ということになり、私たちはまず、パンを大小に分け始めました。

そこに、KM女史がやって来たのです。
そして・・・。
「まず、消防団の人たちの分を頂きますね。」・・ と言うのでした。

そう言うなり彼女は、持ってきたポリ袋にパンを入れ始めたのです。
大きな方に分類していたロールケーキだけを19個 ー 。
私たちが唖然と見ている中、彼女は平然とそれを入れ続けたのでした。

KM女史が去った後 ー 、
私たちは、残ったパンを前に、無言でたたずんでいました。

すると、ものの数分もしないうちに・・・、
KM女史はまたやって来たのです。
「交代の人の分を忘れてました。同じ数だけ頂きますね。」
そして、またロールケーキを19個 ー 。

「被災者を優先するべきじゃないんでしょうか?」
私の口から、思わず言葉が漏れ出ました。

D様 ー 。
消防団員を優先するという、その見識が、私には理解出来なかったのです。
被災者は皆、空腹を抱えていました。高齢者も、子供も、病気がちの人もです。

KM女史は、余計なことを言うなとばかりに、私にきつい視線を向けました。
「消防団の人たちは、一生懸命やってるんですよ!」

消防団の人たちは、一生懸命やってる・・・。

D様、ボランティアの人たちは、自分たちで食料を用意して来ていました。
せめて、暖かい味噌汁でも・・・と、勧めても、彼女たちは決して口にしないのです。
民間と「官」の感覚は、これほどに違っているのでした・・。

被災者への差し入れを、まず自分たち優先で取ってしまうとは・・・。


そして ー 、
その後、KM女史は、ことごとく私を無視するようになりました。

パンは、女史の指示により、すべて小さく切り分けられました。
小さな菓子パンを更に半分にし、ラップに包んだのです。
切り口はつぶれ、中身がはみ出て・・パンは、小さく惨めなものに変貌したのでした。

小さくなった結果、パンは余りました。
調理テーブル上に十数個のパンが置かれました。

「これは、みんなで分けていいから ー 。」
KM女史は、自分の私物でも分け与えるように言うのでした。

被災者には、潰れたパンをほんの少しづつで・・・余った分は分けていい?

D様、この女史の胸ぐらを掴んで、ビンタでも張ってやったら、どんなにスーッとしたことでしょう。
ふがいなくも・・・私は、無言でその場を離れただけでした ー 。


もう一例を書きたいと思います。
2日目の夕方のことです。

調理場に若い男性が顔を出しました。手に哺乳瓶を持っています。
彼はおずおずと言うのでした。
「あの・・・赤ちゃん用のミルクはないでしょうか?」

私は、流し台の横に、粉ミルクの缶が置いてあるのを知っていました。
誰が置いたのか、未開封のままでした。ずっとそこに置いてあるということは、必要な人が使ってもいいようにと、誰かが持って来てくれたのだと思います。

「粉ミルクがありますよ。これ使ってください。今、お湯を沸かしますから ー 。」
私が応えました。男性はホッとしたように中に入って来ました。

その時、
「アッ、それ駄目よ! 手を付けないでね。」・・KM女史の声でした。

私とその男性は、同時に、彼女の方を振り向きました。
「誰のものか分からないんだから、勝手に開けちゃ駄目よ。」
私たちを見据えて、女史は言うのでした。

男性は、複雑な表情で黙っています・・。

即座に、私の言葉が出ました。
「今、お腹を空かせている赤ちゃんがいるんですよ。誰のであれ、文句を言う人はいないはずです。
それとも、持ち主探しをしましょうか?」
私はそう言うなり、かまわず缶の封を切りました。

憤然として出て行った女史が、戻って来たのは20分後くらいでした。
そして、その5分ほど後・・・消防団の服を来た男が調理場に入って来ました。

彼は、意味ありげな視線をKM女史に向けると、次に、私の方をチラリと見るのでした・・。

D様 ー。
KM女史はこの男に、ひとしきり、私のことをこき下ろして来たのでしょう。
そして、阿呆男はノコノコと、私の顔を拝みに来たというわけです。

D様、この戯け者たちに、付ける薬はないものでしょうか・・?

この調理場での体験で、書くべきことはまだあるのですが、折を見ることにします。



さて、D様 ー 。
こんな事態においてすら、私への集ストの加害行為は続けられていました。
避難所という限られた空間の中で、彼らは、出来うる限りのハラスメントにいそしんでいたのです。

私を指差し笑い出した中年女たち・・、私が廊下を歩くたびに決まって咳払いをする男、外に出るたびに、急に回り出す消防車の赤色灯、突然ライトを点けるパトカー・・、靴は置いたはずのところになく、寝ていた顔のすぐそばに汚いスリッパが置かれ・・・。

原発の町に敷かれていた卑劣なネットワークは、そのまま避難所でも機能したのです。
避難者たちの狭間には、この奸悪な者たちの腐敗臭が漂っていたのでした・・・。


思えば、避難に際しても、我が家には、何の指示も届かず、
私と夫は、何も知らないまま庭に立っていたのでした。

隣の大熊町では、一軒ごとに戸を叩いて、避難を促したとか ー 。
同じ避難指示を、富岡町の行政はどんな方法で周知させたのだろう?
指示が届かなかったのは、我が家だけではないのか・・・。
霧のような疑念が、今も私を包みます。



D様 ー 。
行政の低レベルぶりは、まだ続きます。
次回もそれを書こうと思います。



さて、D様 ー 。
私は、1週間前から、有機農法について学んでいます。
知人の紹介で、NPO法人の講座を受けることになったのです。

農業がさかんなこの地方で、職を求めるとすれば、年齢的にもこの分野が有利だと、ハローワークでも勧められました。受講は6ヶ月間で、その間はわずかですが生活費が支給されます。。
農業は初めてですが、鬱々と部屋に閉じこもるより、外の新鮮な空気を吸ってみようかと決心したのでした。

この地に来ても、組織犯罪の卑劣な加害行為は続いています。
家を留守にすれば、必ず家宅侵入の形跡が残されています。
家を留守にしたくないとは思いましたが、自分の世界を広げる方に軍配を上げました。

青空の下、クワを持つ手もたくましく・・・ということになるのでしょうか。

受講生は11名です。(この中にS会信者と思われる人がいます。)
今後の手紙に、この受講のことも触れていきたいと思っています。



D様 ー 。
季節の変わり目です。
体調に御留意くださいますよう ー 。


                            
                             2011.8.28
                                   万 留 子



人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

-26 Comments

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.10.10 20:18 | | # [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.10.04 22:01 | | # [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.10.04 10:21 | | # [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.10.03 20:55 | | # [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.10.02 22:04 | | # [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.10.02 15:26 | | # [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.10.01 08:52 | | # [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.09.30 12:57 | | # [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.09.28 21:21 | | # [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.09.24 19:04 | | # [edit]
ミセス・まるこ says..."K○○さんへ"
ご返事が遅れましたことをお詫び致します。
(体調のせいで、パソコンを開けない日々が続いていました。)

メールを下さったとのことですが、届いていません。
どうか、もう一度、ご送信下さいませんでしょうか。

(ブロバイダー系メールの送受信は、以前から不可解なことが起きていましたが、
このアドレスにもそんなことが起きたのでしょうか・・。)

よろしくお願いします。


2011.09.23 21:11 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.09.19 15:11 | | # [edit]
ミセス・まるこ says..."埼玉ガイドさんへ"
コメント有難うございます。

集ストと呼ばれるこの組織犯罪のネットワークは、全国にくまなく張られています。
知れば知るほど、その卑劣さには驚かされますし、暗たんとしてしまいます。

でも、この犯罪の存在は、徐々に社会に知られつつあります。
暴かれる日は、必ず来るはずです。
それが、近い将来であることを願いつつ、私は書き続けます。

今後とも、応援して下さいますよう ー。
2011.09.18 21:30 | URL | #- [edit]
ミセス・まるこ says..."Re: もう一言"
暖かいコメントを頂きました。
本当に有難うございます。
(Re.コメントが遅れまして申し訳ありませんでした。)

心身をリラックスする方法は早速、実行してみました。
少しアレンジして、一人でしたのですが、とてもいい感じでした。
今後も、疲れた時などに実行したいと思います。

訪問者の暖かいお言葉には、励まされます。
更新がままならない時などは、憂うつ感にとらわれるのですが、
今後も頑張って書き続けるつもりです。

どうか、今後もサポートしてくださいますよう ー。



2011.09.18 21:15 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.09.15 20:28 | | # [edit]
埼玉ガイド says..."No title"
避難所でこのような卑劣な行為が行われていたのですね。
理解できないです。
2011.09.14 11:49 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.09.11 17:50 | | # [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.09.11 17:23 | | # [edit]
ミセス・まるこ says..."KGSさんへ"
KGSさんへ
久しぶりのコメントを嬉しく読ませて頂きました。
ありがとうございます。

まず、
9月7日付でコメントを戴きましたことをメールで知りました。
FC2から、コメントがあった旨の通知があったのです。
しかし、ブログをみてもコメントが表示されていません。

戴いたコメントが、即座にブログ内に表示されないことがあるのは分かりますが、
本日(9日)になっても表示されないのは遅すぎると思います。

・・と言う訳で、今、FC2へ問い合わせをしました。
返事はまだですが、あり次第この欄でご報告したいと思います。


KGSさんのコメントの内容は、私自身は読んでいますので・・・。

暖かい御言葉に感謝いたします。
農業講座を受け初めて20日ほどが経ちましたが、
無我夢中のアッと言う間の日々でした。

講座は今のところ、初めての農業に興味津々ということもあり、
楽しさを感じています。でも、実習の日は、やはり疲れるときがあります。

今後は、教えて頂いた方法で心身をリラックスさせ、疲れを取ることにします。
そして、6ヶ月という期間を無事に、楽しいままで終われれば ー と願っています。

今後とも、気付いたことなどがありましたら、是非コメントをお寄せ下さいますよう ー 。

2011.09.09 22:18 | URL | #- [edit]
KGS says..."No title"
お久しぶりで農業で体を動かすことは良いと思います。寝る前に、少しでも良いのでストレッチ体操等をして疲れを取ることを習慣にしてください。できれば、全身の筋肉を伸ばせれば良いですが、面倒な時は腹筋と背筋を呼吸を整えながらヨガでは、また。
2011.09.07 05:46 | URL | #- [edit]
ミセス・まるこ says..."もおたんさんへ"
コメント有難うございます。

この組織犯罪は、日本国中の至るところから被害の声が上がっています。
加害行為は、国難のこんな場合にすら休むことなく続けられるのです。

この犯罪の悪らつさを物語っていると思います。

私はこれからも、自分の体験と他の被害者のそれとを書き続けます。
今後とも、御訪問を続けて下れば幸いです。

また、コメントをいただければ嬉しく思います。





> やはり避難所にも心の歪んだ犯罪カルトどもがいたのですね。お知らせありがとうございます。国難の今、貴方のようなまっとうな人は大切です
2011.09.06 19:41 | URL | #- [edit]
ミセス・まるこ says..."n さんへ"
コメント有難うございます。

今回の震災では、行政の低レベルぶりを体験させられました。
こんな場合においては、それが際立ってくるのですね。
願わくば、それを反面教師として、毅然と生きたいものです。

これからも、このブログを応援して下さいますよう ー 。
そして、またコメント頂ければ幸いです。

2011.09.06 19:32 | URL | #- [edit]
もおたん says..."応援します"
やはり避難所にも心の歪んだ犯罪カルトどもがいたのですね。お知らせありがとうございます。国難の今、貴方のようなまっとうな人は大切です
2011.09.03 21:20 | URL | #- [edit]
n says..."No title"
これはひどい。
やってるのは、もはや人ではなく餓鬼道の亡者か畜生だ。
医学的に言えば人格障害者と呼ばれる連中なのだろう。
しかし、こんな卑しくおぞましいケダモノ・亡者に囲まながらも、なお人間の尊厳を失わない人もいることが、なんとも心強い
2011.09.03 18:07 | URL | #VsHzV4BE [edit]
ミセス・まるこ says..."nnさんへ"
コメントと共に暖かいお言葉を頂きました。有難うございます。

今回の震災は、この国の様々な問題を浮き彫りにしたと思います。
誤った情報を信じ込まされている国民がなんと多いことでしょう。
肥え太った羊飼いが、高笑いしているのです。

そして、それを擁護する狡猾なマスメディア、政治家、有識者・・・。
彼らはこの集ストと呼ばれる組織犯罪を見て見ぬふりです。

被害者は、この犯罪を告発し続けなければなりません。
被害者以外に理解していただくのは、易しいことではありませんが、
この犯罪が暴かれる日は必ず来ると、私は信じています。

私は書き続けていきます。
どうか、応援して下さいますよう。
そして、時には、励ましのお言葉を頂ければ・・と思います。

※ご紹介のブログは早速、訪問させて頂きました。
2011.09.03 00:50 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.08.31 01:03 | | # [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marukorin08.blog137.fc2.com/tb.php/22-680298e9
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。