小説・集団ストーカー「D氏への手紙」(新設)

この日本で行われている信じがたい犯罪・・・その実態を書き続けます。(最新の記事はこちらを御訪問ください。)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(105) 2013年暮れの出来事


D様

KY市での生活に、3週間の時が流れました。
気が付けば、2014年も暮れようとしています。

凡庸な表現を許して頂けるなら「アッと言う間の」1年でした。
去年の暮れは何をしていたのか と、思い起こしてみたら・・・、
私は、交番で調書を取られていました。

ことの経緯は、以下の通りです。

まず12月29日 ― 。
私は、夕食は寄せ鍋にしようと思いました。(冬の定番メニューです。)

そこで、昼過ぎに、近くのスーパーに行き材料を仕入れました。そして、午後3時頃から下準備を始めました。しかし、その作業に入って間もなく、私は豆腐を買い忘れたことに気付きました。寄せ鍋には欠かせない具材です。

私はとりあえず財布だけを持ち、近くの大手ドラッグストアKWへ出向きました。ここはスーパーほどの品揃えはないのですが、食料品も置いています。私は店内に入ると、すぐ食料品売り場に向かい、豆腐と、ついでにドレッシングなどの調味料を数点カゴに入れました。そして、セルフレジで精算後、急いで帰って来たのでした。

おかげで寄せ鍋は、無事食卓に上ったのですが・・・。

翌朝になり、私は財布が無いことに気付きました。どこを探してもなく・・・最後に手にしたKWに忘れて来たのだろうと思いました。そこで店に電話をして、届いていないかと訊いてみたのでした。

「ピンク色の長財布ですね。しばらくお待ち下さい。」
応対した店員は、しばらく電話口を離れた後、「届いていない」と返答をして来ました。

電話を置いた後、私はあきらめるしかないと思いました。財布は安物だし、入っていた金額も3千円余りですから、頭を抱えるほどの痛手ではありません。
「今年の厄納めかな・・。」 そう思いました。

ところが、しばらくすると、
「どこで落としたのだろう・・?」と気になりだしたのです。
店の駐車場で落としたのか・・・帰って来てから落としたのか・・?
KWの店内には、防犯カメラが設置されているはずでした。

私は再度、KWに電話をしてみました。
「何度もすみません。ちょっと確認したいと思いまして。」

セルフレジで代金を支払った後、財布を持って帰ったかどうかを映像で確認して頂けないか ー と頼んでみたのです。応対に出た男性は承知してくれました。そして、レジを使用した時刻と、その時の服装などを訊かれ・・・一旦電話を切りました。

3~40分後に電話が鳴りました。
KWの担当者は確認した結果を話し始めました。

「財布はセルフレジで代金を支払った後に、カートに入れています。」
やっぱり、店を出てからか・・・と思った時、その担当者が言葉を続けました。

「その後、財布をカートに置いたまま、店を出て行ってしまいました。」
買った品物だけを持って・・・それが映像に残っていたのでした。

「その後、すぐ女の人が入店しました。そして、そのカートを使おうとして、財布に気付いたようです。・・・が、そのあとカメラが死角に入り、再び映った時には、財布が消えていました。その後、その女性はすぐ入口に戻り店を出て行きました。何も買わないで・・。」

そうだったのか・・・私は、財布の行方が判明したことに、軽い満足感を覚えました。

担当者が言葉を続けました。
「店としては、警察に届けるしかないですね。女の人の顔も服装もちゃんと映ってますし・・・。」

エッ・・? 警察に届ける・・。
「・・金額も大したことはないですし、特に届けなくても・・。」
「届けるのが義務ですし、一応届けておきます。」
年末に厄介なことになってしまった・・・と思いました。

そして、数時間後 ―。
「YZ警察署です。KWの方から連絡がありましたので、今、防犯カメラの映像を確認して来ました。」
担当の警官は、近くの交番まで来るように ― と、言うのでした。

私は、交番に出向きました。

事情を訊かれ、警官がその内容を被害届に書き入れていきました。それだけで1時間以上かかってしまったのですが・・・。その後、警官はその用紙を私に手渡し、
「今、鉛筆で書いたところを、このボールペンで上書きして下さいね。」
その上で、署名と押印をするようにと言うのでした。

私は、鉛筆で書かれた細かな文字をボールペンでなぞりました。20分以上かけて書き上げ、署名と押印をして担当の警官に渡しました。警官はそれを受け取り、しばらく内容を確認していました。

外は薄暗くなりかけていました。早く帰らなければ・・・そう思った時、
「文面に誤りがあったので、もう一度書いてもらえますか。」
おいおい、タイプ打ってよ…・私はうんざりしながらそう思いました。・・が、謙虚にも黙って書き直したのでした。

そして、翌日の大晦日 ー 。
また警察からの電話が鳴りました。

「昨日の書類ですけどね、書き直すところが出て来たんですよ。」
訊けば、いろいろと検討した結果、被害者はKWになる ― と言うのでした。
何で・・?

「ちょっと待って下さいよ。私の財布ですよ。KWが何の被害を受けたと言うんですか?」

担当の警官は、KWの店内に忘れたということは、一旦、KWの管理下に入り、その後に置き引きの被害を受けた・・・のでそうなると言うのでした。理解しがたい理屈です。

「今度はタイプを打っておいたので、署名押印だけでいいですから。」
私は、その日も交番に行く羽目になったのでした。

更には、年が明けてから、やはり被害者は私だと言うことになり・・・また文面を書き直し・・。とんだ年末年始になってしまったのでした。

そして、1月半ば頃 ―。
銀行のキャッシュカードが見つかったとの連絡が入りました。私は、財布を紛失後すぐにカード類の利用停止を届けておいたのですが、そのカードが銀行と郵便局のATMのところに置いてあったのでした。

D様
私は当初、財布を持っていった女性を恨む気持はありませんでした。カートに置き忘れたのは私ですし、目の前の財布に出来心が生じたとしても、罪の半分は私にあると思いました。しかし、カードで現金を引き出そうとしたとなれば、話は別です。出来心を反省するどころか、被害者に対し更に損害を与えようとしています。

それにしても、この女性にはATMにはカメラが付いているという知識がなかったのでしょうか? また、カードを紛失した場合は利用停止の措置をとるのが通常です。また暗証番号は・・・? 現金が引き出せるはずがないのです。

犯人の顔は、KWの防犯カメラ、銀行と郵便局のATMのカメラ・・・少なくとも3カ所に残っています。しかし、1年経った今も「事件」は未解決のまま・・・。東京オリンピックの誘致活動の際は、東京では落とした財布が返って来ます ー と治安の良さをアピールしていましたが、YZ市では返って来なかった・・・と言うわけです。

さてD様
年の初めには、誰もが「いい年でありますように」と願うものです。そう願ったはずの今年も終わろうとしています。年の最後の日に、来年はいい年でますようにと・・・そう願わずにはおられません。

どうか良いお年をお迎えくださいますよう。



                 
                      2014.12.31     万留子



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村n>

スポンサーサイト

(104) 引越し後の日々

D様
12月9日に米沢市を離れ、2週間が経ちました。
福島県KY市での生活が始まっています。

まだ、生活上の備品が完全には揃っていません。一昨日まで、窓にカーテンすら掛っていない状態でした。その間、窓にアルミシートを貼りつけていたのですが・・・人目を気にしなければ何とかなるものです。また、食事用のテーブルと椅子は未だになく、応接セットの低いテーブルを使用しています。猫背状態の食事はあと4~5日続く予定です。

こんな羽目になっているのは、「段取りが悪い」の一語に尽きます。テーブルなど店で買えば、その日のうちに届くと思っていました。それが配送スケジュールの都合で、2週間以上待たされています。早目の準備が必要でした。ともあれ、年内に間に合ったことに安堵しています。


さてD様
今度の住居は4階建の集合住宅です。原発避難者のために建てられたもので、私たちの部屋は4階の西端です。部屋の割り当ては抽選によるものでした。抽選はコンピューターで行われ、作為が入る余地は否定できません。私はその抽選方法を知った時、憂うつ感にとらわれたものです。建物内には、この組織犯罪の実行者、そして協力者が配置されるはず・・・との懸念をもったのでした。それらの者たちは通常、被害者の上下左右の部屋が定位置です。私たちの部屋の割り当てに、作為がなかったことを祈るばかりです。

建物は、各階に5部屋あり20世帯の入居が可能です。現在、ほぼ全ての部屋が入居済みとなっているようですが、建物内で人を見かけることはまずありません。また夜は、どの部屋の明かりも見えることはありません。遮光カーテンが多くなっているせいもあるのでしょうが、建物全体がひっそりとしている印象です。

今後私は、ここでの生活を書き綴っていくことになります。

D様
私は、この日本において、公安Kをコアとする組織犯罪が繰り広げられていることを、未だに信じがたい思いでいます。しかし、それは現実に行われており、傲慢と狂気がこの組織を支配しています。マスメディアはその使命を忘れ、体制擁護のプロパガンダを担う機関と化しています。。

私は時々思います。後世の人々は、この犯罪をどのように総括するのだろうか・・と。歴史の中で、この犯罪の全容が明確になる日が必ず来るはずです。この加害組織と首謀者は歴史に断罪される ー 私はそれを信じます。


厳寒の日々、ご自愛下さい。

                    2014.12.24    万留子


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村n>

本日、ネット環境が整いました

9日に米沢市を離れ、1週間余りが経ちました。
福島県郡山市での生活が始まっています。

本日ようやくインターネットの接続が可能となりました。電話工事の日程が取れないとのことで、ずいぶん待たされてしまいましたが、とりあえず安堵しました。今後、以前のペースで記事更新ができるよう「住環境の整備」を急がなければなりません。

私は、この「D氏への手紙」をこれからも書き続けてまいります。
この組織犯罪の被害に苦しむ多くの人たちのためにも書かなければなりません。
どうか、応援して下さいますよう ー。

次回の更新を今しばらくお待ちいただければ幸いです。

                  2014.12.17         ミセスまるこ



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村n>

(103)  食品への異物混入、そして引越しのこと

D様

透明な薄灰色の空が広がり・・・
凍えた雲から、無数の雪粒が降りて来ます。

アスファルトの道路に降りた雪は瞬時に消え、
沿道の枯草に身を寄せ合った雪が、その白さを広げています。

この地を、白く染めようする空の企みは・・・
今年も成功することでしょう。


さてD様
前回、予告した内容を書かせて頂きます。

2年前の初夏のことです。
私は朝食の準備をしていました。

その時、作ろうとしていたのは玉子焼き ー。
ガス台の上のフライパンが熱くなっていました。溶き卵はすでに準備してあります。私は、フライパンにサラダ油を垂らし、油を均等にするためにフライパンを軽く回しました。その時 ―。

「エッ・・・何これ・・?」

キッチンには南側の窓から、朝陽が差していました。その光にフライパンに垂らした油が反射したのです。その油が七色と言うのでしょうか・・・地面に機械油が浮いている時などに見られるギラギラとした色彩なのでした。菜種が原料の食用油の状態ではありません。

私は油の状態をよく見ようと、フライパンを朝日にかざしました。
すると角度により、ギラギラした色彩が鮮明に見えたのでした・・・。

サラダ油は1週間ほど前に買ったものでした。それを、流し台の下の収納スペースに入れ、翌日に封を切ったのです。その僅かの間に油がこんな変化を起こすことはあり得ません。

私は、サラダ油のボトルを陽光にかざしてみましたが、薄黄色の油に変わったところはありません。私は、フライパンを洗い、再度熱して油を垂らしてみました。陽に反射するギラギラをした色彩・・・同じでした・・。

人為的に、中身の入れ替え、あるいは、異物混入がなされい限り起こり得ない変化 ―。侵入者の仕業であることは確かでした・・・。

私はその数日前から、この油に香ばしさがないことを感じていました。
熱した時に、食欲がそそられる香りが出ないのです。私はそれを自分の体調のせいだと思っていました。食する時も、特に不味いとは感じず、夫も何も言いませんでした。

私たちはこの油を1週間近く食べたことになります・・・。
一時、中国の「下水油」が話題となりましたが、あの油もほとんど気付かないということです・・・。


D様
この組織犯罪の悪辣さがお分かり頂けましたでしょうか? 
これは、この犯罪のほんの一端に過ぎません。

被害者宅には、日常茶飯事に不法侵入が行われます。被害者の留守中や就寝中に入り込み、様々な工作が行われます。食品に異物を混入させるくらいは、ごく簡単です。実際、多くの被害者が食品の異常現象を訴えています。味・匂い・色・状態、そして、食した後の嘔吐感、発汗、胸やけ・・。私自身、それらをすべて経験しています。


食品について、もう一例を書かせて頂きます。
昨年の冬 ― 夕食時のことです。

献立は寄せ鍋でした・・・。
食事も終わりに近づき、鍋の中は残り少なくなっていました。
私は、最後にお餅を入れようと思い立ました。切り餅が、冷蔵庫に入っていたのです。7~8枚入りのパックで、4~5日前の昼食時に封を開けたものでした。2枚を使い、残りをラップに包んで冷蔵庫に保管したのでした。

私はキッチンに行き、冷蔵庫を開けました。そして、その餅を取り出し・・・思わず、目を疑いました。白い餅が、緑色に変化していたのです。全体に抹茶をまぶしたように粉がふいています。カビでした・・・。

D様
季節は冬です。そして、真空パックの封を切ったのは4~5日前 ― 。すぐラップに包み冷蔵庫に保管したのです。それが、白いところが見えないほどのカビが生えるとは・・・。

時間的にも、状態的にもあり得ない現象でした。餅の場合、まずポツポツと青カビが生えて来ます。その後、そこに赤や黄色のカビが混じってくるのです。温かい部屋に飾って置いた鏡餅などはこの付き方をします。 緑の粉が一面にふいている餅など、私は見たことがありません。

この組織犯罪においては、食品に、カビ菌や腐敗菌などを吹き付ける手口があるようで、様々な生鮮食品が不自然な腐敗をみせます。たとえば、野菜を冷蔵庫の野菜室に保管したとしても、短期間にドロドロ状態となっています。キャベツ、白菜、キュウリ、ホウレン草、大根・・・ほぼ、すべての野菜がその状態となります。

冷蔵庫に入れず常温保存して置いたジャガイモやサツマイモ、カボチャ・・なども、いつの間にか、中がブヨブヨと腐っています。1週間も経たないうちにです。それらの野菜は、日が経つと水分が抜けてシワシワになってしまうものですが、短期間で腐敗してしまうのです。

また、残り御飯なども同様です。ラップに包み、冷凍庫に保管して置いても、電子レンジで解凍した時に、中央部分が糊状に溶けています。強烈な腐敗臭が立ち・・。

炊き上がって間もない御飯を冷まし、ラップに包むのです。素手は使いません。そして、すぐ冷凍庫へ保管 ー 。それが腐敗することなどあり得ません。また、残り物のおかずも同様で、翌日食べようとしても、表面が糸を引くような状態となっています。

D様
私は特に冷蔵庫内を不潔にしているわけではありません。マメに整理し、清掃を心がけています。冷蔵庫内を徹底的に除菌したこともあります。しかし、その現象は起き続けているのです。

さて ー、
冒頭のサラダオイルですが。
私は、その油をとりあえずキッチンの収納庫に入れました、スーパーのレジ袋に入れ、上部をしっかりと結んでおきました。消費生活センターかメーカーに連絡してみよう ー と思ったのです。しかし、2日後に見ると・・・置いたはずのところに油はなく、収納庫全体をくまなく探しても見つかりませんでした。油は消えていました・・・。被害者には、驚くほどのことではないのですが。

食品の異常については、まだ書き足りていませんが、筆を改めたいと思います。


さて、D様
私は、ここY市で4度目の冬を迎えました。
震災の翌日に、すぐ戻れると思いながら家を出、約3年9ケ月が経ちました。今ようやく、原発の町での日々を俯瞰できる位置にたどり着いたように思います。

あの原発の町には、息苦しいほどに監視のネットワークが機能していました。それは、まるで蜘蛛の巣のように人の行動に絡みついて来るのでした。町に流れていた閉塞的な空気は、思い出すだけで暗うつな気分になります。

挨拶をしても無表情に見返す隣人・・・家の前を通るたびに唾を吐く老人・・・注文をしても返事もしない食堂のおやじ・・・陰気な顔で歩いているコンビニ店員・・。私はあの町で、屈託のない笑顔に出会ったことがありません。密やかな、そして徹底した監視体制は、町全体を暗い影で覆っていたのでした。

しかし、その影はすでに、この国全体を覆っています。この小さな城下町Y市も例外ではありません。この町の監視システムもまた、常にターゲットを必要とし、被害者を生み出しています。被害者が何を言おうとも「精神異常者」というレッテルで封じます。被害者は絶望の淵でもがき・・苦しんでいます。この組織犯罪がいかに悪辣なものであることか・・・。

D様
私と夫は、まもなくY市を離れます。
福島県に戻ることになりました。

夫は高齢であり、また心臓手術から間もない身ですので、健康面での注意が必要です。雪で覆われるY市の冬は、今の夫に適した環境とは言えません。雪のないところで生まれ育った夫は、ことさら辛く感じるようです。

幸い福島県中央部のKY市に住居を確保することが出来ました。1週間後には、引越す予定です。どこに移動しようとも、この組織犯罪の加害は引き継がれていきます。新たな住居やその周辺にはすでにその工作がなされていることでしょう。今後は、KY市で起きることを書き綴ることになります。

ただ少しの間、手紙を出すことが不規則になると思います。どうかご承知下さいますよう。

今年ももう師走となりました。
選挙も重なり、例年以上の慌ただしい12月になることでしょう。
どうかご自愛くださいますよう。

                    2014.12.2    万留子






人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村




該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。